全81話・完走

3年くらい前?ちょっとしたブームになってた韓国ドラマ『朱蒙』。
え~今頃?っていう今年、見始めたのです。
キッカケは、レコーダーが勝手に録画してたから~(^v^)。
春からちょこちょこ見続けて、昨日最終話の81話を見終わりました。
全81話って、長すぎ、60話くらいでまとめた方がいいと思ったなあ。
最後の10話分は、早送り駆使してパパッて見ちゃったもん。
前半が一番面白かったなあ~中盤はハラハラすることもあったけど、終盤はあんまり面白くなかった。
成長物語が好きだから、ダメダメちゃんのチュモンがだんだん逞しい青年になっていく過程は楽しかった。
中盤になると、皇子や王妃の恨み憎しみがあまりに激しくって、それを凄い形相で表現するでしょ・・・もう見てるだけでこっちが疲れて(-_-;)・・・激しさについて行けないのよ、やっぱりPeachは日本人なのね~。
終盤、チュモンたちの鎧が派手派手になってアニメ実写版か?って思うほど。
お話の中では、鉄で軽い鎧を造る技術を確立したことになっているんだけど、あの派手さは半端ない、絶対鉄では無理。
画像

綺麗に造ってはいるんだけど、軽そう・・・ウレタン製?とにかく軽い物で造っているからリアリティが無いのね。
鎧着てても音が全くしないのよ。
日本の時代劇だと、鎧を着けてたら、動く度に鎧のギシギシ、ガチャガチャ音がするでしょ。
まあ、そこまで韓国ドラマに求めてはいけないか(^^)。
生き別れていたイエソヤとユリが、結構すんなりチュモンと再会できちゃって~拍子抜け。
ユファ夫人とイエソヤが宮殿を抜け出すときなんて、あんなにドキドキしたのに・・・なんでユリはあんなに簡単に宮殿で短剣を探し出すことが出来るのよ~~。
ソソノと皇子達の気持ちも考えず(というかソソノに甘えすぎ)、イエソヤとユリを宮殿に連れてきて「良かった・良かった」顔のチュモンにガッカリだよ。
ソソノが最後まで男前だった~~。
全編通してPeachがお気に入りだったキャラクターは・・・
‐フクチ大将軍 (軍人らしい筋の通ったところ、身勝手に死を選ばず家族や部下のために頭を下げるところとか~男らしい)
‐ソンジュ武官 (顔が好み(^v^)・・・だけじゃなく、最後まで王様に尽くす姿勢と優しさね)
‐ヨミウル巫女 (美しい姿に見とれてました)
‐ユファ夫人 (優しい顔の裏は結構したたか・・・でも、信念を貫く姿は立派です)
‐サヨン行首 (行首の頃が好き・・・中性的な魅力、でも髭剃り跡の濃さがいつも気になってました~)
とうことで、主役が全然入っていませんけど(^^ゞ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック